第25回バーシティボウル

12月21日(日)に王子スタジアムにて行われました、第25回バーシティボウル関西Div.Ⅲ VS 関東3部選抜の試合ですが、30−0で関東3部は負けてしまいました。

惜しくも勝利は逃してしまいましたが、バーシティボウルに出場した3人に、バーシティボウルを終えての感想をもらいました。

 

image1

 

#43 TE 佐藤 匡

「1週間という短い練習時間で新しいアメフトの知識や新しい仲間を得ることができました。
結果は30対0と負けてしまいましたが、楽しく、自由にアメフトができました。
7年間のアメフト生活の中でトップ5に入るくらい楽しい1週間を過ごすことができました。
オールスターに選んでいただき、ありがとうございました。」

 

#53 LB 佐藤 正基

「今回のバーシティボウルでは3部に所属する中でも非常にレベルの高い選手達とプレーすることができ、とても良い経験になりました。
またフットボールを通してたくさんの仲間を作ることもできました。
来年は後輩たちに是非参加してもらいたいと思います。」

 

MG 眞田 佑里子

「引退後に行うバーシティボウルは、玉川大学スタリオンを名乗ることができる最後のアメフトの時間です。
今まで全然違う場所で練習をしていて敵同士だった選手たちと、一週間一緒のグラウンドで練習し味方になって戦う、というめったにできない経験をさせていただきました。
試合時間が残り10分になったとき、選手の「最後の10分間、最高の10分間にしようぜ!」という声に選手全員が盛り上がった瞬間、バーシティに選ばれてよかった、こんな熱い選手たちと出会い関われて本当によかった、と強く思いました。
学生生活最後のマネージャーの時間は本当にとても濃く、思い出深いものになりました。ありがとうございました。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください